S12使用構築「火吹きマンダのサーカス団」

 


f:id:harusaki_pk:20181106202937j:image

サムネ用

こんにちは、ハルサキです。

SMからレートを始め、今期にて自身初20を達成したので記事を残そうと思います。

長い記事になると思いますが読んでいただけると嬉しいです。

 

もくじ

構築経緯

コンセプト

パーティ紹介

各構築への立ち回り

没枠紹介

総括

 

構築経緯

自身が得意なサイクル軸で結果を出したかった&ドランを使いたかったため、最初はハッサムドランを使用していた。しかし上手く扱えなかった。でもせっかくドランのPPをすべて増やしたので彼を活かせる構築を探したところブライトンさんの構築(http://brighton30.hatenadiary.jp/entry/2018/09/16/080000)をTLで見かけ、これを基盤にして構築を組んだ。

 

コンセプト

・攻めの駒+受けの駒×2で崩しと受けを見極めて戦っていく。

・カバマンダ、カバリザ、ヒトムグロス、ポリ2グライドヒドなど上位に増加する構築に高い勝率を望めるようにする。

 

パーティ紹介

 


f:id:harusaki_pk:20181106203050j:image

カプコケコ@デンキz

臆病CS252余りB

10まんボルト、めざ氷、ボルトチェンジ、瞑想

攻めの枠1体目。ブライトンさんの構築(http://brighton30.hatenadiary.jp/entry/2018/09/16/080000)と同様に最初は眼鏡で運用していたが、構築で重めな霊獣ボルト、カバやランドの地面で止まってしまう点を考慮し瞑想デンキzに変更。

これによりマンダを受けに来るポリ2やクレセなどの高耐久低火力のポケモンを起点にして抜いていくことができ、ドヒドグライポリ2のような構築に高い勝率を叩き出すことができた。

めざ氷の枠は当初マジカルシャインで運用していたが、ジャラランガサザンドラくらいにしか刺さらず、それよりもグライや遅いランドの方が環境に多いと考えめざ氷に変更した。

電気の通りがいいパーティ、カバマンダ、カバリザへの先発要員として選出した

 


f:id:harusaki_pk:20181106203150j:image

ボーマンダ@メガストーン

臆病CS252余りH

ハイパーボイス、大文字、流星群、羽

攻めの枠2体目。また構築唯一のメガ枠。やはり特殊は警戒されないようで、数々のイージーウィンを勝ち取ってきた。後投げされるHBランドを半分味圏外にしつつ確2にできる点や、ステロと合わせてゴーリを身代わり貫通して倒せる点が非常に良かった。

環境にはびこるリザグロスマンダのどれにもある程度の有利を取れる点も非常に大きい。

展開カバを見たらコケコとセットで投げ、EF下で羽を打ちステロあくびのループを切りながら戦う。この動きはまず考慮されず、無償でカバを突破することが何回もあった。

ゴーリやカミツルギを見たら選出、あとはどんな構築に出しても腐らないので悩んだら選出した。

 


f:id:harusaki_pk:20181106203234j:image

ナットレイ@半分味

ジャイロボール、タネガン、やどりぎ、ステロ

受けの駒1体目。調整はブライトンさんのものをそのままお借りした。

物理受け&マンダとの相性補完枠として採用。ミミッキュやギャラやランド、レヒレグロスが役割対象だった。しかしミミッキュはのろみが、ギャラは挑発ヒコウz、ランドはみがわり+積み技、レヒレはトリック、グロスはアムハン。レートが上がるにつれ役割対象がいても投げられなくなっていた。それでも強い相手には滅法強かったので信頼していた。

ステロの枠はのろいと悩んだが、構築で重めなヒトムの繰り出し回数を減らすこと、サイクルを有利にすることを目的にしてステロを採用した。のろいにすると不毛なナットミラー、呪いカビゴンに強くなれる。

ゴーリがいたら絶対選出。ステロ+身代わりダメ+マンダのハイパーボイスで相当良い引きをされない限りは勝てる。

 


f:id:harusaki_pk:20181106203530j:image

ヒードラン@たべのこし

穏やかH212D252S44   

ふんえん、だいちのちから、どくどく、まもる

受けの駒2体目。テンプレの穏やかヒードラン。ブライトンさんの構築ではチョッキだが、このヒードランを使いたかったためこの型にした。

マンダが苦手なポリ2、クレセ、スカーフテテフへの安定する引き先として非常に活躍した。構築で重い両リザのニトチャを防ぎ、マンダやコケコが上を取られないようにできるのもポイントが高い。

ちなみにみがわりポリ2にはすべて勝てた。放電で麻痺ればPP温存ができるうえ、どくを入れられまいとみがわりを貼ったり再生をしたりでHPが回復して間に合う。

マンダを止めに来そうなポケモンアゴハッサムやラティクチの並びには積極的に出した。

 


f:id:harusaki_pk:20181106203553j:image

エアームドゴツゴツメット

腕白HS252あまりB

ブレイブバード、どくどく、羽、挑発

受けの駒3体目。展開カバ、のろいカビ、グライオン、ラッキー、エアームド対策や、ある程度の物理受けとして採用。

準速なのは遅いグライに上から挑発を入れて完封するため。ブレイブバードなのはゴツメ+ブレイブバードバシャーモやロップなどを倒したかったために採用。

20チャレを決めてくれたのもこのポケモン

この枠に入るポケモンはかなり試行錯誤したため、まだ検討の余地がある枠だと思う。

 


f:id:harusaki_pk:20181106203643j:image

ゲッコウガこだわりスカーフ

控えめCS252あまりB

波乗り、悪の波動、冷凍ビーム、草結び

攻めの駒3体目。コケコが出せなさそうなときに先発要員として起用。構築で重いスカーフを持ったヒートロトムや霊獣ボルトロスサザンドラを上から倒せる点が採用理由。メガゲンガーや舞ったギャラや準速マンダ、1加速したメガバシャーモなど相手のパーティの軸となるポケモンのストッパーとなる点も良い。

本構築は初手のニトロチャージリザXを非常に呼ぶため、初手で対面させて波乗り→ニトロチャージ受ける→波乗りで倒す動きが成功しやすかった。

また、草結びをもたせることで持ち物がわからない初手のゲッコウガの激流、めざ電、草zのどれにも安定する点もポイントが高い。

スカーフゲッコウガといえば物理技を採用しているイメージがあるが、特殊で運用すると技を打っても相手にスカーフだとバレないところが大きいと感じた。

基本どんな構築にも出していけるため、このポケモンで相手を1匹以上削った後に裏で詰めていくことを考えていた。

 

各構築への立ち回り

 

対カバマンダ

基本はゲコorコケコ+マンダ+@1。ガルドがいればドランを出し、カビゴンがいればムドーを出していた。多様なカバマンダがいたので柔軟な選出をしていた。

 

対カバリザテテフ

コケコorゲコ+ドラン+マンダ。コケコはリザのXY判断やテテフのスカーフを判断するのに便利。鋼3枚に出てくるスカーフじゃないテテフはほとんどカクトウzかきあいだまを持っているため、ボルチェンからドランバックした直後にコケコに戻してデンキzで処理する動きをした。

 

対ヒトムグロスヒレ

ゲコ+マンダ+ナットorコケコ。大抵ヒトムが初手に来るのでなみのりを打つ。耐えたらHCの炎z、落ちたらスカーフだと判断できる。HCの場合はボルチェンでゲコが落とされるがステロを耐える体力=裏のポケモンに後出しできる程の体力は残らないのであまり気にならない。グロスと対面したら悪の波動。レヒレと対面したらコケコバックかナットバックだったが、眼鏡やスカーフがちらほらいて受けられなかったりトリックされたりで基本苦しかった。

 

対なごしさんのパーティ

ムドー+ドラン+マンダ。

ムドーでグライとカビとムドー、ドランでムドーとアーゴヨンシャンデラ、マンダでロップとムドーあたりを見る予定。

なごしさんのパーティが前々から苦手であるため対策のムドーを入れたが、ムドーを採用してから一度も当たらなかったため本当に勝てるのかは諸説。

 

きついポケモン、並び

HDたべのこし毒ドリュウズ

厳しい。裏にポリ2やドヒドがいることが多く、マンダやゲコで倒させてくれない。ムドーもドリルで負ける。

 

ヒードラン

厳しい。コケコの瞑想デンキzで飛ばすか、ゲコのなみのりで削って裏でどうにかする。あまりやりたくないが本当に辛いときはマンダを即投げし、地震があると思わせて大文字や流星群を裏にぶち当てて崩すしかない。

 

ポケモン

ムドーの枠はHBヤドラン→HBドヒド→HBマンタイン→HBギャラドス→Hbdゴーストと本当に試行錯誤したため、特に印象深いギャラドスとゴーストを紹介したい。

 


f:id:harusaki_pk:20181106203902j:image

ギャラドス@半分味

腕白H196B252D4S4

滝登り、地震、どくどく、挑発

調整意図は威嚇と木の実込みで意地リザXの逆鱗3耐え、木の実込みで控えめYのソラビ3耐え。

両リザとのろいカビやムドー、ロップやグライオンを対策したくて採用した。しかし結局はリザは前述の動きで間に合うことや、グライに上から毒を打たれるので解雇した。

 


f:id:harusaki_pk:20181106203914j:image

ゴースト@進化の奇跡

臆病H252B92D92S78

くろいまなざし、ほろびのうた、ちょうはつ、みちづれ

調整意図はアナライズポリ2のイカサマ2耐え、冷凍ビーム3耐え。44振りムドーのブレバ2耐え。最速70族抜き抜き。

ノーマル毒地面無効のため、グライラキムドードヒドカビは後投げから完封してくろまなほろびで1匹持っていくことができる。

ゲンガーのふゆうが消えた故にゴースト。

裏話としては育成したゴーストをサブROMに送ったら進化してゲンガーになり、またA05Vを粘り直すハメになった。

1850〜1910の間の10戦くらいで使用。ちゃんと予想通りの仕事をしてくれた。

ほんとにゴーストを入れて19帯で戦っていいのかという疑念が生まれたため解雇。

 

総括


f:id:harusaki_pk:20181106204939j:image

TNハルサキ 最高最終2008

今期は20を達成しなかったら女装写真をツイートするという試練を課していました。それのおかげか20を達成することができて非常に満足しています。

溶かすのが怖く20で保存しましたが、来期からは更に上を目指して潜って行こうと思います。

下書きに撤退の文言と女装写真を用意していましたが使わずに済んで安堵してます。結構かわいめな感じあるので見てもらいたい欲求も多少ありますが。

長くなりましたがここまで読んでくださった方ありがとうございます、また来期いっしょにがんばりましょう!

 

@harusaki_pk

リーリエのピッピの型を解析してみた



f:id:harusaki_pk:20180920082323j:imageサムネ用

 

こんにちは。ハルサキです。

僕はリーリエがめちゃ好きです。前作のSMの終わりにリーリエがどっかいっちゃうイベントで本気で落ち込むくらいには好きです。

その後リーリエがくれたピッピ人形も間違えて使っちゃって更に落ち込みました。

 

しかし今作USM。なんとリーリエはどこにも行かないどころか、RR団イベントにおいてリーリエと共闘することができます。

戦いを好まないリーリエ。その彼女が使うピッピ。いったいどのような型なのだろうと気になったので解析してみました。

余談ですが僕は女の子を好きになったらまずその子の最寄り駅とか所属してるサークルを調べるタイプであるがゆえにリーリエの使ってるピッピの型解析をしたくなったのかもしれません。

 

【目次】

  1. 入ってるボール
  2. 技構成
  3. 特性
  4. 性格
  5. HPの実数値と個体値
  6. Aの実数値と個体値
  7. Sの実数値と個体値
  8. ちょっとした問題とその解決
  9. Bの実数値と個体値
  10. Dの実数値と個体値
  11. Cの実数値と個体値&1つの謎*解決
  12. 最終追記
  13. おわりに

 

1.入ってるボール

f:id:harusaki_pk:20180920083736j:image

ヒールボールでした。流石ヒーラー。

作中でもことあるごとに回復してくれるのは嬉しいんですが、回復縛りとかしてる人はそれにどう対処しているのか気になります。

余談ですが、僕の昔好きだった女の子に「まりちゃん」という人がいます。だから今年はその子の誕生日にマリルの色違い(♀)を孵化させて「まりちゃん」というNNをつけました。

 

2.技構成


f:id:harusaki_pk:20180920084048j:image

メタモンのへんしんで解析。

技構成はムーンフォース、うたう、リフレクター、ひかりのかべ

完璧にサポート型といった印象。戦いを好まないリーリエでも挑発警戒でノーウェポンはさすがに避けたのでしょうか。

うたうことで相手を眠らせ、攻撃できないようにして穏便に済ませたいという意思を感じます。なお命中は…。

余談ですが、僕は昔モテたくて合唱コンクールの指揮者をしたことがあります。太達や音ゲーなどまったくできないタイプなので友人からは指揮をするたびに「なんで阿波踊り踊ってるの」と言われてました。伴奏の中山さんすみませんでした。ちなみに本番の結果は学年最下位でした。

 

3.特性


f:id:harusaki_pk:20180920084904j:image

なかまづくりにより解析。

なんと夢特性フレンドガード。あのリーリエでもちゃんと野生のピィを半殺しにして連鎖して捕まえたのでしょうか。もしくは誰かから孵化あまりを譲ってもらったか。とても気になるところです。

余談ですが、昔の僕には友達がおらず、会話をする相手がいませんでした。なので出会い系アプリを始め、女のフリをしておっさんたちとのチャットを楽しんでました。会う約束を取り付け、僕はそこに行かず待ち合わせ場所でうろつくおっさんを遠くから眺めるのが趣味でした。

あるときバレて車で追いかけられましたが僕は元気です。死ぬかと思いました。

 

4.性格


f:id:harusaki_pk:20180920090020j:image
f:id:harusaki_pk:20180920090021j:image

投げつけるにより解析。フィラのみを投げつけたところ混乱したので、A下降の性格であることが判明。解析を進めていくうちに性格はおだやかであることが判明しました。

ダブルバトルは全くの初心者のため分からないのですが、ダブルでもおだやかが主流なのでしょうか。リーリエとの性格ともマッチしていて好感が持てますね。

余談ですが、僕は制汗スプレーを乳首に当て続けて凍傷を起こしたことがあります。病院の先生には「やりすぎないようにね」と優しさと嘲笑が混じった眼差しを向けられたのを覚えています。ちなみにそのとき処方された塗り薬には「春崎様:乳輪用」と大きく印字されていたのですが、僕はそれを学校で紛失しました。乳輪薬を見つけた先生が校内放送で僕を呼びました。まさに淑女といった大人しい国語のおばあちゃん先生から「乳輪」の二文字が発せられました。放送は校内全域に流れ、クラスはざわめき、僕は白い目で見られましたが僕のための乳輪放送は玉音放送のそれと同じくらいとてもありがたいものでした。

 
5.HPの実数値と個体値


f:id:harusaki_pk:20180920085515j:image

HPは209。これは個体値31に努力値244か、30に252振ったものと思われます。

ちゃんと厳選と育成してるんですね。HPは見ただけで解析できるのでありがたいです。

余談ですが、僕は道端に落ちてた目薬を乳首にさしたことがあります。それと関係があるかはわかりませんが次の日に高熱を出しました。

 

6.Aの実数値と個体値


f:id:harusaki_pk:20180920094754j:image

ちからをすいとるによって解析しました。画像では見づらいですが、159→220となり、61回復したため、Aの実数値は61,個体値は15~16ということが分かりました。A0とは言わないまでにしても、そこそこ低めに厳選してるのは偉いですね。

余談ですが、僕の乳輪も完治したその年の春。新入生が部活に入部し僕にも後輩ができました。名前はユウリくん。僕は「乳輪」と「ユウリ」の響きが似てるため「乳輪くん」と呼びかわいがってました。彼はその後県内で一番頭の良い高校に合格したそうです。僕の乳輪の加護があったのでしょう。

 

7.Sの実数値と個体値



f:id:harusaki_pk:20180920100941j:image

地道にSの近いポケモンを探すことで解析しました。このときは50Lv勇敢最遅ラムパルドくんと同速になり、実数値は56、個体値は15~16ということが判明しました。対戦で使うならSくらいは31を粘るべきだったのではないでしょうか。リーリエはヒャダイン並みに妥協しているということが分かってきました。

余談ですが、高校の頃僕はよく授業の空きコマに友人の渡辺くんと山岳部の部室(渡辺くんが山岳部)で寝ていました。ある日次の時間が体育と知った渡辺くんが僕に提案をしました。「山岳部って…双眼鏡あるんよ…」僕は何を言いたいかすぐに理解しました。「覗き」です。山岳部の利器を活かし覗きをしようというのです。こんなの乗らざるを得ません。さっそく計画を立て始めました。僕たちの教室、つまり女子が着替える教室は2階。つまり3階から見下ろすように覗けばいいわけです。幸い3階にはまったく人が来ない廊下があります。そこに陣取ろうというのです。綿密な計画を立て、授業終了のチャイムと同時に僕たちは双眼鏡をもって走り出しました。しかし残念なことに教室にはカーテンが閉まっていて覗くことができませんでした。なんでこんなオチもないつまらない話をしたかというと、僕の「青春の思い出」がこんなつまらないものしかないからです。悲しいです。

 

8.ちょっとした問題とその解決

ここまで解析した時点でちょっとした問題に当たりました。それは努力値です。先程「HPは209。これは個体値31に努力値244か、30に252振ったものと思われます。」と書きました。つまり何が言いたいかというと、努力値を調整している可能性」があるのです。そうなると56というSも「55の実数値に努力値を4振った可能性」も考えられます。こうなるとかなり実数値および個体値の特定がしにくくなります。

僕は悩みました。どうにかして分からないものだろうかと。そしてひとつ思いつきました。「バトルエージェントの存在」です。バトルエージェントではゲーム側で用意された個体が貸し出されるため、「そこでの努力値の振られ方とリーリエのピッピの努力値の振られ方は同じである」という仮説を立てました。さっそく確認しに行くと

f:id:harusaki_pk:20180920104747j:image
f:id:harusaki_pk:20180920104751j:image
これは一例ではありますが、どのポケモン「二箇所に252振り、余り6」という振られ方をしていました。つまり、努力値の調整はされていない」ということです。なのでピッピのHPは個体値29~30で252振り」ということになります。もちろんこれが正しいわけではないかもしれませんが、本文中ではこのバトルエージェントでの努力値の振られ方をもとに解析していきます

 

9.Bの実数値と個体値


f:id:harusaki_pk:20180920110200j:image

言葉で説明すると難しいのですが、要するに「最高or最低乱数をつかって解析する」ことです。試行回数は30回程度なのでもしかすると個体値が28以下の可能性もありますが、僕が検証した限りでは114が最高ダメージだったため、「実数値80、個体値30or29」という結論を出しました。自分自身この検証方法が正確なものか分かっていないままなため、間違いの指摘や他になにか良い方法があればぜひご教授の方よろしくお願いします。

余談ですが、僕の高校は女子の比率が高い高校でした。1年の夏に僕はプールをサボりまくった結果補講になりました。しぶしぶ泳ぎにプールまで行くと、25mプールが女の子で溢れかえっていました。満員電車を想像してもらえるといいと思います。プールサイドにぽつんと男の僕が立ち尽くしているとパッと見「胸の水着がはだけた女子」に見えるらしく、視線がとても刺さります。しかし流石に泳げないこの状況。でも泳がないと単位がもらえず留年。悩んだ挙げ句僕はシャワールームへ走り20分ほど冷たいシャワーを浴び続けました。そうしたあと監督の先生の元まで行き、「泳ぎました」と紫色の唇で申告したのです。結果先生は信じ込み、無事僕は単位を貰って進級することができました。

 

10.Dの実数値と個体値


f:id:harusaki_pk:20180920111800j:image

これもBの調べ方と同じです。同じく試行回数は30回前後。この結果、131が最高ダメージになり「実数値151、個体値29or30の252振り」となりました。これも同様に他に何かいい判定法がありましたら教えてください。

余談ですが、高3のときの僕は「長髪がかっこいい」と思ってた時期がありました。なので1年ほど髪を伸ばし続けた結果、前髪が顎先を超すくらいにまでなりました。後から見返せば本当にモノズそっくりでしたね。僕と面識ある人ならDMかなんかで写真くれっていったらあげます。髪がセルフモザイクしてくれてますし。髪を伸ばした弊害としては、「女の子が寄ってこない」、「髪が乾かない」、「陰キャにみえる」、「まあモテない」、「不潔と影で言われる」、「目が隠れるため距離感がつかめず運動ができなくなる」、「下向くと髪が垂れるため勉強しづらい(1人のときは髪留めピンで解決)」、「単純にうっとうしい」、「ラーメン類が食べられなくなる(前髪が絶対スープに浸る)」「モテない」、「女の子が寄ってこない」、「モテない」などが挙げられます。

じゃあメリットはなにかといいますと、別にないです。冬の日ちょっとあったかいくらいでした。おとなしく髪は切りましょう。

 

11.Cの実数値と個体値

さて、長かった解析も残りCでおしまいです。ここまでの整理をしましょう。

H29or30

A15or16

B29or30

C 不明

D29or30

S15or16

ここまで「29or30  15or16」しか出てきていません。僕もCの解析をする前に「どうせ15or16だろ」と思っていました。

実際はどうでしょうか?検証してみました。

方法はメタモンでピッピをコピーし、ピッピにムンフォを打ったダメージから解析です。

おだやかHD252にC15or16のムンフォを打つと(メタモンもピッピになるのでフレンドガードが発動する)
f:id:harusaki_pk:20180920114336j:image

与ダメージは28~34となります。実際の結果はどうでしょうか。
f:id:harusaki_pk:20180920114508j:image

23~27という一応の結果がでました。

つまり「圧倒的に低い」のです。僕は考えました。「リーリエは本当に攻撃したくないからCは0にしてあるのでは」と。もしそうならばゲーフリからの隠されたメッセージのようなものを見つけたような気がします。

さっそくC0で計算してみます。
f:id:harusaki_pk:20180920114932j:image

与ダメージ25~30…しかしぼくの結果では23というダメージが出ています。
f:id:harusaki_pk:20180920115356j:image

写真も撮ってみました。C0でも出ない23というダメージが数回出ます。これが謎で、きっと僕がなにかしらの間違いをしているのでしょうが、見当がつきませんでした。

Cが下がる「しんちょう」の性格も考えましたが、フィラで混乱したことを考えると違うのではないかと思われます。

状況は「メタモン(スカーフ)でピッピをコピーし、そのムンフォでピッピを殴ったときのダメージ(ひかりの壁なし、フレンドガード発動考慮)」です。なにか数字が切り捨てられているのでしょうか。僕には分かりませんでした。どなたか僕に間違いを指摘していただけるととても嬉しいです。

 

(09/20 18:50追記)


f:id:harusaki_pk:20180920185051j:image
f:id:harusaki_pk:20180920185056j:image

(返信を確認しすぐ書いているため無断使用です、なにか不都合あったら画像はすぐ削除します)

謎が解決したので追記です。

結論を先にいうと「僕はメタモンでコピーした際のレベルによる変化」を考慮できていませんでした。検証に使ったのは「レベル50のメタモンです。対するピッピはレベル60。ここを考慮できていませんでした。つまり「変身したメタモンはこのピッピがレベル50のときの実数値」になる(追記2回目で書くが、実数値はそのままコピーのためこの説明が間違い)わけです。伝わったでしょうか。そのため、ムンフォの火力が出ずに予想とは反した検証結果がでたということです。対戦でメタモンがコピーするのは相手の50レベルのポケモン。僕はそれしか見てなかったためレベルの差による能力値の変化の可能性を考えるに至りませんでした。

さっそく攻撃側をレベル50にしてダメージ計算をしてみます。


f:id:harusaki_pk:20180920193031j:image

【Cが15or16のとき】与ダメージは「19~24」でした。僕の検証では「23~27」だったのでもうちょっと高いみたいです。


f:id:harusaki_pk:20180920193315j:image

【Cが30のとき】与ダメージは「22~27」でした。僕の検証結果とかなり近いことがわかります。

ちなみに「Cが29のとき」「21~25」なので、27というダメージが出ていることから個体値が30」ということが確定します。つまり「実数値95で個体値は30」です。

そうなると「HとBも個体値が30」という可能性が推測できますね。

まだ正確な検証はできていませんが、謎が解けたので誤解を招く可能性を考慮し追記を優先することにしました。

リーリエはなるべく攻撃はなるべくしたくいけどCは高めを粘ったというわけですね。口では嫌がってるが身体は正直ですね。女性って怖いです。

余談ですが、僕の高校にも怖い女性はいました。ひとことでいうならボストロールというのが一番適切だと思います。ほんとに似てます。お世辞にも可愛いというカテゴライズはできませんでした。チワワのような目にでかすぎる胸。横幅は女子ふたり分でした。学校の廊下ですれちがうときいつも「ワンパンで俺沈むな…」と考えていました。いちおうTwitterでの相互フォロー関係にありましたし、なにより彼女は「地下アイドル」でした。そのためちょくちょく自撮りをあげるわけです。しかし写真の中の彼女はボストロールではなくちゃんと人のカタチをしていました。全身のあらゆる肉を削岩機で削ったのでしょうか。チワワのような今にも飛び出しそうな目は更に大きくなっていました。きっと3DSでみたらとても迫力あると思います。自撮りの加工はすごい、女性は怖いと思いました。

さて、先程彼女は「地下アイドル」と書きました。その話を最後にしようと思います。ある夏の日、彼女は「沖縄いってきた(キラキラ)」みたいな投稿をTwitterにてしました。彼女はちょこちょこ旅行のツイートをしていて個人的には「金あるんだなあ」と思っていました。その投稿から1週間後、彼女は地下アイドルをやめます。僕は友人と話しました。「なんでボストロール急に地下アイドルやめたんかな?」と。友人も僕と同様に疑問に思ってたためそのグループのTwitterアカウントを調べてみました。すると運営側が「〇〇(ボストロール)たんは脱退処分になりました。理由は『運営費を〇〇たんが預かるといってから音信不通になったため』です。」といった旨のツイートをしていました。つまり「運営費を持ち逃げ」したのです。その金で沖縄とか旅行行ってたわけですね。とんでもない女でした。女性って怖いですね。この後にもボストロール事件はいくつか起きますがそれはまた別の機会に。

 

(追記2回目)

上記では「ピッピのCは30」という結論を出しました。これは間違いでした。

ありがたいことにこのようなご指摘をいただきました。
f:id:harusaki_pk:20180921000719j:image

参考動画はこちら

動画の概要欄の計算式をもとに自分でも再度計算してみましたがわかりません。数学的なことが苦手なのが非常に悔やまれます。

教えていただいたことをまとめると

  • 実数値はそのままコピー。
  • 攻撃側のレベルを50にしたら合う。
  • 個体値は6~15(15濃厚)。

 ということでした。再度計算してみます。

f:id:harusaki_pk:20180921065245j:image

なるほど、だいぶ計測結果に近くなりましたが乱数をかけても23や27という数字は出ません。C実数値が85だと23.77~27.97ととても近くなります。しかしこれだとC個体値14となり、ご指摘頂いた方が示す15とはズレが生じます。

僕のミスは絶対であり、解決し教えてくださった方もいるのに筆者の僕自身が理解をできていません。これではただただ僕の無知と醜態を晒しただけになってしまいとても恥ずかしいです。

しかし、指摘してくださった方は「Cの個体値は15」という結論を導き出しております。

諸々はさておき、本文の目標である「リーリエのピッピの個体値を知ること」は他の方の力を借り達成することができました。非常にありがたいことです。

余談ですが、僕は友人のスクールカーストを頂点まで高めたことがあります。友人のタイガくんの誕生日にTENGAをプレゼントしたときです。TENGAをチョイスした理由は名前の響きが似てるからです。しかしどう渡せばいいのかわからなかったのでとりあえず机の上に置き、僕はその場を後にしました。

f:id:harusaki_pk:20180921010811j:image
先述の通り、女子が非常に多い学校です。この日からタイガくんは女子から陰で「TENGAくん」とよばれるようになりました。大変名誉があると思います。タイガくんはこの後これの犯人探しをするようになりましたが、それはまた別の話です。

 

12.最終追記

ようやく理解しました。これで正しいことを書くことができます。2回目の追記の後、前回ご指摘していただいた方からダメージ計算式の間違いをご指摘していただきました。


f:id:harusaki_pk:20180921144206j:image

2回目の追記をした時点で僕は以下のことを知りませんでした。

  • タイプ一致とフレガの計算は一番うしろに来る
  • ダメージを求める計算では端数を切り捨て
  • 一致とフレガででる端数は五捨六入

これらを考慮すると


f:id:harusaki_pk:20180921144650j:image

23~28というダメージになるみたいです。なるほど僕の検証で出た23~27という数字がすっぽり入ります。

再度、上記の点を考慮に入れて計算をしてみました。



f:id:harusaki_pk:20180921161408j:image

きちんと画像の通りの「23~28」が出ました。これによりピッピのCは「実数値86、個体値15」であることがはっきりしました。(このダメージ幅になる実数値は「80~86」がありますが、他の個体値のそれと規則性があると判断したため15とここでは断定しています。)

追記3回目にしてようやく自分でも理屈を理解して正しいことを記すことができてとても嬉しいです。協力してくださった方、誠にありがとうございました。

余談ですが、僕は中学校の頃に放送委員を務めてました。これは夏に行われる文化祭のときの話です。僕ら放送委員は文化祭での「有志団体によるパフォーマンスの手伝い」をさせられることになっていました。要するにステージでバンドをしたりダンスを披露したりする陽キャの裏方です。彼らからは様々な指示がありました。「この曲のここでスポットライトを回してくれ」や「この曲のスポットライトはこの色で頼む」などです。そして僕はそのスポットライト係に配属されました。スポットライトは2階の奥まったところにあり、他の委員たちや監督の先生と意志の疎通が図れません大きな声を出しても有志が流す曲でかき消されてしまいます。そこで渡されたのが「トランシーバー」です。ボタンを押して会話をし、会話が終わったらボタンを離す。とても便利で、これによりスムーズな仕事が可能となりました。

そして迎えた本番前日。リハーサルの日です。僕はスポットライトの扱いに慣れ、集中しなくても仕事ができるようになってました。いつも通り今日もトランシーバーを渡されました。あと一日でこの死ぬほど暑い環境(体育館+奥まった場所+スポットライトの放射熱)からおさらばできる。そう思うと僕はウキウキが止まりませんでした。そしてリハーサルの最後、「ももクロのコピーダンスグループ」がリハーサルをするためにやってきました。そのとき僕は強い興奮を覚えました。なぜならリハーサルだけあって「衣装」を着てきているのです。それも「かなり丈が短いスカート」のです。いつもは体操着なのに「丈が短い衣装」です。興奮しない理由がありません。

そして彼女たちのダンス曲である「行くぜっ!怪盗少女」がかけられたときです。

 

 

そこで当時の僕は何を思ったか「全力で熱唱」し始めました。あの暑い環境と興奮であのときの僕のIQはヤドンより低くなっていたのでしょうか。僕はとにかく「熱唱」しました。トランシーバーはボタンを押してないしこの声は誰にも聞こえない。そう思って僕は熱唱していました。

そして曲の終盤。センターの人がその場で一回転をしたその瞬間です。「パンツ」がみえました。当時多感だった僕は叫びました。パンツが見えた、パンツが見えたぞと。僕は確実にその至福の瞬間を全身で享受していました。力強い歌声に更なる熱がこもり、そのまま僕は最後まで歌い切りました。その後も数分間は一種のエクスタシーと呼ぶべき強い余韻が僕を包んでいました。

その後、無事にリハーサルが終わってトランシーバーに連絡が入ります。「体育館外に集合」だと。僕は返事をし、そこへ向かいました。放送委員みんなで反省会を終え、さあ帰るかと思ったそのときです。先生が「春崎、お前リハーサル中になに言ってたんだ」と言ってきました。僕は身に何も覚えがないため「なんのことですか」と返します。しかし先生は表情を変えず冷たい声で「お前の声、放送委員全員に聞こえてたぞ」と言ってくるのです。意味がわかりません。なぜならトランシーバーはボタンを押していませんし、体育館中に流れるBGMで声が外に聞こえることはありえないからです。でも自信がなくなった僕は「どういうことですか」と震えた声で返します。

先生は答えました。

 

 
 

 

 

「お前のトランシーバー、『ハンズフリー機能ON』になってたぞ」

 

 

 

 

 

13.おわりに




f:id:harusaki_pk:20180921004740j:image


今回の解析の結果は画像の通り(画像は2回目の追記後)となっています。解析するのにかなり時間がかかりましたが夏休みの自由研究をしているみたいで楽しかったです。

自分とタッグを組んでダブルバトルをするトレーナーだったら今回の方法をつかって解析できると思います。より忠実なハウやグラジオパなど作れるようになるのではないでしょうか。今回は自分のやりたいことを通し、それを著しただけの記事でしたがこれがなにかの参考になれば幸いです。

それではここまで読んでいただいた方、ありがとうございました。

 

@harusaki_pk

 

†ビーストブーストギャラドス†の考察

こんにちは、ハルサキです。

今回はじしんかじょうギャラドス、通称†ビーストブーストギャラドス†について書きます。
f:id:harusaki_pk:20180812085657j:imageサムネ用

 

①コンセプト:ステロを撒いた後に出し、対面の敵を倒しAを上げ全抜きを狙う。

 

②発想までの過程:

「ステロランド+ゲンガーが強そう…」

      ↓

「ゲンガーが弱めなロップ、スカーフランド、バシャ、ミミッキュにそこそこ強い何か…」

        ↓   

「ヒコウZギャラドスが適任だけど抜きエースにするには火力が足りないなあ………ん!?」
f:id:harusaki_pk:20180812091211j:image

          ↓



f:id:harusaki_pk:20180812091543j:image「倒したあとにAが上がるとかビーストブーストじゃん!!!!」

 

といった感じです。

 

③型紹介


f:id:harusaki_pk:20180812085657j:image

ギャラドス@ヒコウZ 

特性:じしんかじょう

調整:陽気AS特化余りH

技構成:とびはねる/たきのぼりりゅうのまい/ちょうはつorこおりのキバ

 

なんの変哲もない陽気ASです。(一舞後最速145族抜き。)

技構成はとびはねるとりゅうのまいは確定。たきのぼりはタイプ一致、命中安定、ワンチャン掴めることから外しがたい。

最後は氷4倍に打つこおりのキバ、地震しかないカバを起点にできたり面倒な展開を阻止できたりするちょうはつから選択。

 

火力重視で意地にしてもいいのですが、そうすると一舞してもSラインにおいて一定の目安である130族を抜けなくなります。

 

一舞後135族抜きまでSラインを落として耐久に回すことも考えましたが、それによって伸びる耐久が微々たるものであったので特化としました。

 

④使用感

使用感は思ったより悪くなく、

倒してA上昇→倒してA上昇→倒して勝ちという流れが作れればとても気持ちいいです。

 

欠点としては強力な特性である威嚇を失ったことでサイクルに参加させづらくなり、バシャやランドへの役割が不安定になったこと、選出しても腐ってしまうと威嚇も撒けないただのまな板の鯉になることが挙げられます。

 

しかしハマる試合では3タテをすることもザラにあり、やはり†意表を突く†という戦術の強さを感じました。

 

また、ステロランドに仕事をさせないために、先制技持ち水タイプ(ゲッコ,アシレ,エンペなど)を非常に初手に呼びます。

ギャラならそれらを死に出し後に安全に起点にすることができる点も大きかったと感じました。(ねっとう火傷は切断にて対策)

 

理想の動きはりゅうのまい+突破でA↑↑S↑にして全抜き体制を整えることです。

もしも迅速な処理が求められる状況でもA↑の状態で裏のポケモンと対峙することができます。 

 

疑似ビーストブースト+受けづらいヒコウZ+大体の攻撃を一発は耐える耐久を兼ね備えたじしんかじょうギャラドス、普段のギャラとは違った独特の強さがあると感じました。

これが何かの参考になれば幸いです。ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

@harusaki_pk

 

 

 

 

しんのうはいおふれぽーと

こんにちは、ハルサキです。

今回は僕にとって初のポケモンオフ大会である真皇杯ラスチャレについて書きます。(以下常態。)

 

ラスチャレ当日は8:30に起きた。

受付が9:45〜10:45ということで、「早く行っても知り合いがいないしなあ」と思い遅く着くようにした。

ちなみに会場は板橋文化会館。(東武東上線から行くらしい。)

10:00。僕は新宿駅東武東上線を探し彷徨い歩いていた。(実は宮城から上京してきたばっかりのため土地勘が皆無)

東京は路線が多すぎる。宮城みたいに簡素でいてくれ。

みたいなことを汗を滲ませながら呟いてたと思う。
f:id:harusaki_pk:20180717214745j:image


f:id:harusaki_pk:20180717214822j:image
(参考までに地下鉄路線図のイメージ。宮城は本当に簡素。)

 

それでもなんとか10:30には最寄り駅の大山駅に着き、会場までたどり着いた。

入り口はどこかとうろうろしてると、モンスターボールの模様がついたベストを着ている女性スタッフが話しかけてきた。

 

女性「ポケモンですか?」

僕「ポケモンです。」

 

面白いやりとりだった。小学校の頃の「せんせートイレ!」みたいだなあと思った。

丁寧に入り口に案内してもらうと真皇杯の立て看板があり、ちょっと興奮した。
f:id:harusaki_pk:20180717215725j:image

 

会場は4階らしく、エレベーターが降りてくるのを待っていると後ろに人が並び始めた。自分の後ろにいる人が皆ポケモンが好きなんだと思うとワクワクが止まらなかった。

 

4階につくと受付があり、受付の人が「フェローチェの人!」とか「私アブリボン!」みたいに忙しそうにしていた。

ポケモンの名前が飛び交う空間は初めてで、オフ会ってすげえなあとか思った。

僕はアブリボンブロックで、同ブロックの人を見るとTwitterで名前を見たことがある人がちらほら。

他のブロックも眺めると有名強者もたくさん来てておおーって感じだった。

アブリボンブロックに行き、軽く挨拶を済ませて汗を拭いていたら予選開始の合図。

談笑していた空気がピッと張り詰め、静かになる。

あちこちで「対戦よろしくお願いします」の声が聞こえはじめる。

感じたこととしては、

やはりレートと違って対戦相手が目の前にいると緊張の度合いが違う。

「これタッチペンの動きで交代バレるかな」とか思いながら戦ってた。

あとメモ。みんなメモとってた。なに書いてるのか気になる。

 

そんなこんなでお昼休憩になる。戦績は2-2。

知り合いがいないため気がつくと会場でひとりぼっち。みんな誰かしらとグループを作っていたため、一緒に食べる人がいなかった。


f:id:harusaki_pk:20180717221635j:image

(当時のツイート。)

 

しょうがないので会場をでて、一人でコンビニに向かった。おにぎり2つとジャスミン茶を買った。

会場まで戻るべく、とぼとぼ歩いてると前日にFFになったマックさんを見かけたので話しかける。

その結果マックさんと上振れ雑魚ダッシュさんと一緒にお昼ごはんを食べることに成功した。(お二方は気さくで明るい方だった。ありがとうございます。)

 

昼休憩もそこそこに、予選再開。2-2だからあと全部勝てばワンチャンあると思っていたが、魂の3連敗。予選落ちに終わる。

 

予選落わって暇になったので会場をぐるりと見渡してみた。

いろんな人がいたけど、「こういう人でもポケモンやってるのか」っていう印象を抱くことが多かった。優しそうな人から強面の方まで様々な人がいた。

そんな中に人だかりができてる場所があり、気になって覗きにいくと前期1位のふゆのさんがいた。

個人的にふゆのさんが配信者で最も好きで、まさか来てると思わなかったので非常に高揚した。

人が少なくなったところで話しかけにいくも、まるで「尊い…しか言えない腐女子」みたいな感じになってしまった。

 

僕「ア、あのふゆのさんですか、前期1位オメデトゴザイマス、ハルサキと申しますこんにちは」

ふゆのさん「あ、どうも、ありがとうございます…」

 

配信で見る通り穏やかな人だった。あと声が良い。好きだ。

 

僕「あ、あのボク本当ふゆのさん好きなんですよ、運負けしても『ずるくね?』で済ませるとことか特に」

ふゆのさん「あ、ありがとうございます、るどるふさんにあんま怒るなって口を酸っぱくして言われてるからね…」

 

割と長く喋った気がするが緊張と興奮であまり覚えていない。

あと前期使った並びを携帯のメモに書いてあるのを公開前に見せてもらえて最高に最高だった。

「割とびっくりポケモン多いでしょ」と言われたけど、ふゆのさんの携帯持たせてもらってる現状に興奮して画面見えてなかった。

 

その後はシータさんと写真を撮った。

「いやー僕シータキッズなんですよ〜」

とか言った気がするが、実はそのときフォローしてなかった。会話終わったあと速攻フォローして事なきを得た(?) 

 

そうしてるうちに決勝トーナメントが始まった。やはりトーナメントに出るのは名前を聞いたことある人ばかりだった。

有名強者の中には予想を超えて若い人もいて、すごいなあと思ってた。

 

決勝トーナメントはプレイしてる人の周りに人が集まり、立ち見をするやり方だった。
f:id:harusaki_pk:20180717224735j:image

(こんな感じ。ふゆのさんとかは人だかりがすごかった。)

 

上手い人のプレイングを間近で見られることは非常に貴重な体験だった。

一手一手に長考する人もいればパッと即決する人もいて、人によってスタイルが違うなあと感じた。

択のシーンとかみんなが固唾を飲んで見守ってるときは一体感があってとても楽しかった。

 

決勝はスクリーンに映し出されてみんなで観戦。

会場全体が一体となって1ターンごとに歓声や感嘆の声を挙げるのが本当に楽しかった。

今までコアなポケモンの話をできる人がいなかったため、こんなに多くの人とポケモンを楽しめていることが新鮮だった。

 

歓声とともにラスチャレは幕を下ろした。

気がつくともう20:00頃で、僕はお腹が空いていた。

ふゆのさんに会えた喜びからふゆのさんリスペクトでラーメンを食べようと思ったのでツイート。
f:id:harusaki_pk:20180717225740j:image

 

 カスケードさんが乗ってくれたので一緒に食べに行くことに。カスケードさんの知り合いであるにゃらさんと大木屋というラーメン店へ。

(ラーメン食べたいなあと言ったらGoogle Mapでお店検索してくれたカスケードさんありがとうございます)


f:id:harusaki_pk:20180717225930j:image

(辛ネギラーメン 800円。辛いの苦手なのに注文して失敗した。)

 

その後、新宿駅で二人に別れを告げ、僕の初めてポケモンオフは幕を閉じた。

 

もしポケモンオフに行こうか悩んでいる人がいたらぜひ行ってみてと勧めたい。

そのくらい満足な1日だった。フォロワーさんも20人くらい増え、交友関係も広がった。

 

僕は次、Battle Frontierというオフ会に参加するつもりだ。そこでもまた有意義な時間を過ごせると信じ、今回のオフレポを締めたいと思う。

ここまで読んでくれた方、ありがとうございます。

 

@harusaki_pk